根管治療を成功させるための当院の取り組み

根管治療の成功率を高めるには、精度の高い処置が欠かせません。町田市のワイズデンタルオフィスではマイクロスコープをはじめとする各種最新機材を使い、緻密で完壁な治療を目指しています。

各種機材による正確な診査診断

根管治療では、根管の長さや神経の状態を正確に知ることがとても重要なポイントです。当院では下記のような測定装置を使って、肉眼では確認することのできない精緻で正確な診査・診断を行なっています。

歯科用CTによる正確な診断

医師の経験とカンだけに頼るのではなく、肉眼では見えない歯根の中の状態まで、歯科用CTを使って精密に検査します。

パルプレスターによる神経の状態の判定

歯の神経の状態を診断する装置「パルプテスター」で電流を流し、感覚があるかどうかで神経の状態を判定します。

Root ZX miniによる正確な根管の長さ測定

「Root ZX mini」を使い、根管の長さを正確に測定します。これによって精度が大幅に向上し、治療時間も短縮できます。

ラバーダムの使用

ラバーダムはゴム製のシートで、唾液などに含まれる菌が治療中に根管内に侵入するのを防止します。薬剤から口腔内の粘膜を保護したり、小さな治療器具やフィルムの誤飲を防止したりするのにも役立っています。使用していない医院もありますが、安全で安心できる治療を目指す当院では、口腔内の防菌が最重要と考え、常に使用しています。

マイクロスコープによる拡大視野での治療

根管治療の最重要ポイントは、徹底した洗浄と、根の先まで隙間なく薬剤を詰めることです。しかし、根はとても細くて複雑で肉眼では十分確認できないため、経験とカンを頼りに行なっている医院も少なくありません。これが、治療の成功率を下げている原因の一つといわれることも。当院ではマイクロスコープで視野を拡大することで、細部まで確実に確認しながら治療を行なっています。
» マイクロスコープについてくわしくはこちら

再発を防ぐための根管充填

根管の先までしっかりと薬剤を充填しなければ、後になって痛みが生じたり腫れたりしてしまいます。放っておけば最悪の場合、抜歯が必要となるでしょう。当院では、徹底した洗浄はもちろん、根の先まで隙間なく薬剤を充填することで再発リスクを抑えています。

また当院では、根管の先が大きく破壊されてしまった場合には、「MTAセメント」というセメントを使用しています。何度も治療を受けたのに症状が改善しない方や抜歯を宣告された方も、あきらめないで当院に一度ご相談ください。

マイクロスコープの重要性やメリットについてくわしくはこちら

  • ページのトップに戻る