治療は完了させましょう

根管治療は通院回数が多くなるため、面倒になって途中でやめてしまわれる患者様がいらっしゃいます。しかし、治療をやめれば歯の周囲に病巣が広がってしまい、いずれは抜歯せざるをえなくなってしまうことも。治療の中断は大変危険ですので、必ず最後まで受けましょう。

治療を中断するリスク

治療は最後まで受けることで初めて意味があるものに。逆に、途中でやめてしまうとさらにひどくなってしまうことがほとんどです。再び痛んだり、噛み合わせが悪くなったり、時には全身の健康にも影響することもあります。たとえ診察予約日を守れなくても、すぐに予約を取り直して受診しましょう。

根管治療を途中でやめてしまうと……

洗浄した根管内に細菌が侵入して再汚染され、むし歯がさらに奥まで進行し、抜かずに済むはずだった歯を抜かざるを得なくなります。大きく腫れたり、激しい痛みが出たりすることもあります。

抜歯直後に中断すると……

感染予防に必要な洗浄・消毒ができないため、早期回復が臨めません。また、本来は抜いた歯の機能を補うためにブリッジなどの補綴(ほてつ)を行うのですが、しないままでいると見た目が悪くなるだけでなく、噛みにくくなったり噛み合わせがどんどん悪くなったりもしてしまいます。歯や顎だけでなく、全身にも悪影響を及ぼすことも。

削って型をとったまま放置すると……

患部を詰め物や被せ物で覆わないまま長期間放置すると、再度むし歯になったり、歯並びや噛み合わせが悪くなったりしてしまいます。また、被せ物などの人工歯はとても精密にできていますので、型を取ってから日数が経過すると狂いが生じてしまいます。長期間放置しないで、できる限り早く装着しましょう。

しっかりと治すためには根気よく治療を続けることが必要です

根管治療は、通院回数が多くなりがちですが、しっかり治すためには最後までしっかりと根気よく治療を続けることが必要です。初回に計画通りに治療を進めていけば、より短期間で、患者様の負担も少なく完治させることができます。歯を失ってしまうという最悪の事態も免れます。患者様一人ひとりのライフスタイルに合わせて適切な治療計画を立案いたしますので、まずはどうぞご相談ください。

歯を抜かなければならなくなるのはどんな場合?

  • ページのトップに戻る