マイクロスコープの重要性

従来の根管治療は、歯科医師が経験とカンに頼って行なっていました。細く折れ曲がり肉眼では確認することができない根管をカンで治療するため、精度にバラつきが生じ、それが治療の失敗の原因となっていたのです。

マイクロスコープを用いれば、根管の奥まで拡大してしっかりと確認できるため、治療の精度は飛躍的に向上します。緻密で正確な治療のためには、今やマイクロスコープは必要不可欠と言えるでしょう。しかし、すべての歯科医院において使用されているかといえば、必ずしもそうではありません。まだまだ導入している医院は非常に少ないのが実情です。そんななか、町田市のワイズデンタルオフィスではマイクロスコープを用いた精度の高い根管治療をご提供しています。安心してご相談ください。

マイクロスコープ使用のメリット

治療精度の大幅な向上

歯科医師の経験とカンに頼る治療ではなく、肉眼では見えない小さな患部も拡大して確認できるため、歯根の正確な状況を把握しながら的確な治療ができます。また、歯科医師の負担軽減にもつながり、治療精度のバラつきもなくなります。

身体的・経済的負担を軽減

患部の正確な状況を把握できるので、傷口も最小限に抑えられ、早期回復を促します。小さな患部も見逃さないので再発防止にもつながり、身体的・経済的負担の軽減にもつながります。

治療できる症状の拡大

これまで、細部の確認ができないため治療が困難とされていた症状も、マイクロスコープによって正確に診断できるようになりました。そのため、治療の可能性が拡大しました。

マイクロスコープによる拡大視野

マイクロスコープを使えば、患部の状態を細部まで拡大して確認することができます。

マイクロスコープを使用する治療例

根管治療

神経まで冒されたむし歯の治療では、細くて複雑な根管の細部を拡大して確認することが正確な治療につながります。マイクロスコープを使えば歯の根の先までがしっかり見えることで、確実な治療が実現し、再発防止にもつながります。

虫歯治療

マイクロスコープを使えば、1ミリの小さな穴を2.4センチまで拡大して確認することが可能。小さなむし歯も見逃すことがなくなり、また、削る量を最小限に抑えられるので治療精度がアップします。また、歯の周辺組織を傷つけるリスクも避けられます。

歯石除去

歯と歯ぐきの間の歯周ポケットに溜まる歯石は、マイクロスコープを使うことで残さず取り除くことができます。歯石は歯周病の原因となりますので、当院ではおもに予防歯科で採用しています。

インプラントなどの外科的治療

インプラントなどの外科的治療が必要な治療にマイクロスコープを使うことで、正確な歯ぐきの切開や縫合が可能となります。また、高精度の治療により回復も早まります。

根管治療を受けてもどうしても治らないという場合もありますそんなときでも歯を残すことのできる治療についてくわしくはこちら

  • ページのトップに戻る