むし歯の進行度チェック

こうゆう症状はありませんか?

むし歯の進行度チェック

一つでも該当する場合、むし歯菌が歯の根の部分「根管(こんかん)」にまで侵入してしまっているおそれがあります。こうした症状を放っておくと、歯の中に膿が溜まっていずれは抜かなければならなくなる可能性があります。そうならないためには、細い根の奥深くにまで入りこんだ菌を完全に取り除く「根管治療」が必要です。治療には必ずしも痛みを伴うわけではありませんので、症状が現れたらできるだけ早めに治療を受けましょう。

痛みがなくても歯を抜かなければならなくなる可能性があります

根管治療が必要になるケースは痛む場合が一般的ですが、なかには痛まなくても治療が必要になるケースもあります。その一つが「根尖病変(こんせんびょうへん)」です。

すでに治療済みで神経を抜いた歯でも、昔の治療が不十分だと歯ぐきの中に膿が溜まってしまうことがあり、この膿の袋を「根尖病変」といいます。根尖病変は、痛みがほとんどなくても悪影響を及ぼすこともありますので、早めに治療をすることをおすすめします。

自覚症状のない異常を発見するためにも、きちんと定期検診を受けましょう。

むし歯治療の精度の悪さが、歯の崩壊につながることもあります

  • ページのトップに戻る