神経を簡単に抜かれていませんか?

神経を抜くときは神経が腐ってしまっている場合や「根管治療が必要なケース」でご説明したとおり、炎症がひどく痛みが激しいときです。もちろん、神経を抜けば痛みはなくなります。しかしながら、抜くことにはデメリットもあるのをご存知でしょうか?

ちょっと待って!その治療は本当に正しいですか?

神経を抜くデメリット

神経は血管と一緒になっているため、神経を抜くということは血管も一緒に取り除くということです。血管は歯に栄養を行き渡らせる役割を持っているため、血管がなくなることで以下のようなデメリットが生じます。

痛くないのに、神経が出てきたからと抜かれてないですか?

  • 象牙質に弾力がなくなり変色する
  • 薄くなって折れやすくなる
  • 痛みを感じなくなるため、むし歯に気がつきにくくなる
  • 免疫によりむし歯を進行させない作用がある

神経を抜かない根管治療

町田市のワイズデンタルオフィスでは、神経と血管を抜いてしまうことによるデメリットを問題視し、できるだけ残せるよう「直接覆髄法(ちょくせつふくずいほう)」を採用しています。直接覆髄法とは、歯髄保護処置の一つ。たとえ重度のむし歯で神経が露出した状態であっても、歯髄(神経や血管など)の感染がなければ、直接覆髄法によって神経を抜かずに済むケースもあるのです。

直接覆髄法の例

※画像をクリックすると拡大します。

簡単に神経を取られていませんか?再発・抜歯の可能性が少ない治療法を適用できる場合があります

  • ページのトップに戻る