歯を失っても機能は取り戻せます

大切な歯はできる限り残したいところですが、どうしても抜かざるを得ないケースもあります。次のような場合には抜歯が必要です。

重度のむし歯 根管治療が行なえないほど悪化してしまった場合
歯の根の先の疾患 根管治療後に歯根の先に膿が溜まり、激しく痛む場合
中等度以上の歯周病 歯石や歯垢の除去や、骨の再生治療を行っても症状が改善されない場合
歯の割れ 歯が大きく割れてしまっている場合
不正な噛み合わせ 歯が欠けたりグラグラしたりしている場合や、全身の健康に影響を及ぼすおそれのある場合
親知らず 周りの歯に悪影響を及ぼすような生え方をしてしいる、炎症を起こしている場合

場合によっては歯を抜いたほうがいいこともあるのです

口腔内の環境は患者様一人ひとり異なります。そのため、同じような症状でも抜歯をすべきかどうかの判断は変わってきます。当院では、問題のある1本の歯だけでなく、お口の中全体の健康を包括的に診察・診断し、「戦略的抜歯」という考え方に基づいてその必要性を判断しています。

戦略的抜歯とは?

治療後のお口の中の状態をシミュレーションし、理想的な状態へと導くために抜歯をするという考え方です。たとえその1本は「どうしても抜かなければならない」という状態ではなくても、抜いたほうが治療効果が高まる、というようなケースにおいては抜歯をお勧めします。それによって再治療のリスクを減らし、長期的に口腔内の健康を維持できるのです。

失った歯を補う方法

歯を抜いたまま何もしないでいると、隣の歯が空いた側に傾いたり、噛み合う歯が伸びて歯並びが崩れたり、むし歯の原因になったりもします。抜いた後は放置しないで適切な治療を受けましょう。町田市のワイズデンタルオフィスでは、抜歯後の処置としてインプラント・入れ歯・ブリッジの3つの方法をご提案しています。

インプラント

抜いた歯の部分の顎の骨に「インプラント(人工歯根)」を埋め込み、その上に人工歯を被せる治療です。チタン製のインプラントは生体親和性が高く、しっかりと骨に結合します。

メリット デメリット
  • 天然の歯のような噛み心地がよみがえる
  • セラミック製の人工歯のため、見た目がとても美しい
  • その歯だけの治療のため、周りの歯に負担をかけない
  • 発音に支障をきたさない
  • 外科的手術が必要
  • 治療期間がやや長い
  • 糖尿病など重度の全身疾患をお持ちの方には対応できない場合がある
  • 顎の骨が足りない場合、治療ができない
  • 自費診療のため費用が高額
入れ歯

昔からある方法で、比較的容易に行なえます。1本から数本に対応できる「部分入れ歯」と、すべての歯に対応できる「総入れ歯」があります。

メリット デメリット
  • 保険適用のため、費用が比較的安価
  • 治療期間が短く済む
  • 破損しても修理が容易
  • 金属のバネが露出するなど、見た目は必ずしもよくない
  • バネを引っかける歯に負担がかかり、むし歯の原因となる
  • 装着感や噛み心地は必ずしも快適ではない
  • 噛む力があまり回復しない
ブリッジ

抜いた歯の両側の歯を削り、人工歯をブリッジ(橋)のように架ける治療です。

メリット デメリット
  • 保険適用のため、費用が比較的安価
  • 治療期間が短く済む
  • 入れ歯よりも見た目は自然で、装着時の違和感も比較的少ない
  • 入れ歯に比べると噛む力が回復する
  • 両端の健康な歯を削らなければならない
  • 土台となる歯がある場合にしか適用できない
  • 保険適用の場合、美しい見た目は難しい

根管治療やなるべく歯を抜かずに済ませる治療についてのお問い合わせはこちら 042-727-6474

  • ページのトップに戻る